海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

再びのご登場はサセックス公爵夫人ことメーガン・マークル(37)。


さて、5月6日に第1子となるアーチーを出産し、

先日、育児休暇を一時中断し、英国民へ

一気に年を取った老け顔を披露したメーガンでありますが、

一気に老けましたね…。産後1ヶ月で公務復帰の メーガン・マークル、ジバンシィのワンピに英国民が大激怒

出産前から

「出産祝いはご遠慮させて頂いておりますので、受け付けておりません。

どうしてもお祝いしたいという方は、チャリティ団体に寄付していただけるとありがたいです」

と、自分たちへの出産祝いの代わりに、慈善団体への寄付をヘンリー王子ともにお願いしておりました。


そして今回、熱烈なロイヤルファン(追っかけ歴5年)であるガートルードさんが、

アーチーチーアーチーご誕生のお祝いの代わりに、

メーガンの支持する『ザ・レインフォレスト・アライアンス』

(熱帯雨林や野生動物を保護・維持することを目的とした、地球環境保全のための国際的、非営利団体)

に寄付を送り、そのお礼にプリンス・ハリーとメーガンから届いたというお礼状、感謝状を

自分のブログにて公開いたしました。

photo

差出人はケンジントン宮殿となっておりまして、

左上には Private and Confidential 「親展」、つまり、部外秘、機密とあります。

しかも太字で 

なのにガートルードさんてば、ソーシャルメディアに載せちゃって、ダメじゃん!


手紙の内容を簡単に訳すと…

「親愛なるダリー様(←ガートルードはんのこと)

5月8日に頂きましたお手紙のお礼をするように、サセックス公爵と公爵夫人から頼まれ、ペンを取っております。

ダリー様の温かいお言葉と、アーチーの誕生の際、

わざわざ『レインフォレスト・アライアンス』にご寄付をして頂いたことに、

両者ともとても感動し、感謝をしております。

ダリー様のご配慮と寛大さに、改めてお礼を申し上げます。

ヘンリー王子とメーガン妃より、感謝の気持ちをお伝えするように承りました。

クラウディア」

てかクラウディアって誰やねん!

恐らく、ケンジントンパレス勤務のアシスタントと思われますが、

秘書が書いた手紙を「ヘンリー王子とメーガンからの感謝状」と呼んで良いのか…?


海外ソーシャルメディアでも、

「(〆の)サインくらい、メーガンがしてやれよ」

「メーガンの広報担当は、いちおう礼儀はあるのね」(←「礼儀知らず」なメーガンに対する皮肉)

「感動したって言う割に、プリンス・ハリーもメーガンも、秘書にお礼状を書かせるだけなのね」

「メーガンもハリーも、ガートルードが寄付したことなんて、これっぽっちも知らないはずよ」

と、相変わらず散々な酷評でありました 


確かに、手紙の〆のサインくらい、コピーでも良いので

メーガンとハリー王子にしてほしいですよね、「感謝状」というのなら。


しかも日本人からすると、代理で書いている割に、

クラウディアのサインが、最後にデカデカとど真ん中にあるっていうのも、

けっこうな違和感ですよね 

お前、主役ちゃうやろっていう。


photo

そんな本日の英語は Private and Confidential。

直訳すると私的&機密でありますが、これは手紙などで使うと決まり文句として、

親展という意味ですが、日本語の親展の意味に加え、

やはり部外秘という意味があり、受取人以外の人には公開してはダメですよ的な意味が入ります。

よって、こうやって公開しちゃいかんのです 



一気に老けましたね…。産後1ヶ月で公務復帰の メーガン・マークル、ジバンシィのワンピに英国民が大激怒

トランプVSメーガン! 大統領の「メーガンは意地悪」発言釈明も、世間の反応がウケる件 

イギリス人男性なら誰でも良かった? メーガン妃、ヘンリー王子と出会うまで、男探しに必死だった過去…

長男アーチー誕生も、メーガン妃が嫌われ続ける理由…。母の日論争&公式インスタはやはり自分で書いている?

生後2週間?! メーガン&ヘンリー王子、第1子アーチ―を初お披露目。お疲れ顔は自然分娩か

自宅出産の夢叶わず?!メーガン妃、男の子を無事出産!名前はまだ未定、お披露目は?

極秘出産済み? メーガン・マークル、エリザベス女王から口の利き方について、お叱りを受けた過去が明るみに…

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加