海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

ちょいとお久しぶりのご登場は、もう間もなくお誕生日を迎えて、52歳になるニコール・キッドマン。


伝説のドラッグ・クイーン、ル・ポールとシンガーのミシェル・ヴィサージュのポッドキャスト、

『What's The Tee』の中で浮上した、ニコール・キッドマンがツルッパゲという噂… 


と言っても、いつもカツラ(←ウィッグと言え)を被っているニコール・キッドマンのことを

実は髪がないのではないか、とル・ポールとミシェルが冗談交じりにネタにしただけなのですが、

これを受け、ソーシャルメディアでは論争が勃発。

photo

賛同派は

「確かに、毎回ウィッグをつけているわね…」

「あれだけ顔も整形しているんだから、髪もきっと偽物に違いないわ」


反対派は

「ニコール・キッドマンは地毛が縮れ毛だから、毎日セットするよりも、鬘を被った方が髪へのダメージが少ないからよ」

「ニコールは長年セットしてきたせいと年齢で、髪が薄くなっているんだと思う。だからウィッグを愛用しているのよ。ハゲではなくて薄毛なんだと思う」

「ツルツルってことはないだろ。エクステとかウィッグで年齢で薄くなった髪をアレンジしているだけ」


中立派(←?)は

「髪のことより、整形しまくって固まった顔の方が気になるわ」

などの意見を飛びかわしておりました。


乳がん治療のためのケモセラピーなどで、髪を失ってしまった女性もいらっしゃるので、

なかなかセンシティブなネタでございますが、

ニコール・キッドマンは確かに、地毛がだいぶ薄すくなっていそうですよね。

でもどのウィッグも自然に見えるので、アリっちゃアリですな。

photo

そんな本日のスラング英語は、ニコール・キッドマンには直接関係がないのですが、

髪の毛用語ということで flyaway。

日本語にするのなら、あほ毛に近いかと。

日本語でいうアホ毛は、頭頂部にツンツン立った邪魔な毛などをメインに指しますが、

flyaway の場合は、静電気などでポアポア立ち上がった、おくれ毛なども含みます。



【セレブの豪邸】ニコール・キッドマンが保有する総額220億円の豪邸の数々…マンハッタン、シドニー、ビバリーヒルズなどなど

【わざとらし劇場】ニコール・キッドマンと夫キース・アーバンのラブラブ全豪オープン観戦が、わざとらしいと話題に…

ニコール・キッドマン、51才のビキニ姿&夫キース・アーバンとラブラブ写真


ニコール・キッドマン、ケンタッキーを食べて(画像あり)庶民感アピールも、セレブの特権でスーパーのレジは並ばず!

まるで蝋人形!ニコール・キッドマン、劣化退治でボトックス&フィラー注入も、整形オバケ状態で顔と、シワシワの手が恐い件

ニコールキッドマン、49歳のヌードがボディダブルかと話題のドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」

ニコールキッドマン、アカデミー賞での変なエアー拍手の理由とは

ニコールキッドマンの夫、キースアーバンのドラッグ依存の過去をディーラーが赤裸々告白


ガチ洗脳! トム・クルーズとニコール・キッドマンの娘イザベラ、サイエントロジーの監査役に昇格



にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加