海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

再びご登場は、サセックス公爵夫人ことメーガン・マークル(37)。


さて5月6日のゴムの日に、第1子となる長男、アーチーを出産したメーガン。

なんでも既に2人のナニー(ベビーシッター)が辞め、3人目の新しいナニーを雇ったそうですよ。

と言うことは、わずか6週間の間に、3人もベビーシッターが変わったことになります 


きっと幼子アーチーも、コロコロと変わる自分のナニーのことを

「アーチーチーアーチー 何人変わるんだろうか~」

くらい思ってますよきっと。


以前お伝えしたように、ボディーガード(←エンダ~イア~)やら秘書やら側近たちが、

次々と辞めて行っているメーガン&ヘンリー王子の不人気っぷり。

ベビーシッターたちも「やってられっか」状態で、短期で辞めて行っているんですかねえ?

メーガン・マークル、今度は専属の女性ボディーガードが辞任!人気なしのサセックス公爵夫人は「一緒に働きづらい人」?


内部情報筋によると、赤子の成長に伴い、ナニーの役割やら必要性が変わってくるために、

3人目に交代になったと言っておりますが、赤ん坊が6週間のうちに、

ナニーを変えなくちゃいけないくらい、急激に成長するんですか?って感じですよね。

しかもメーガンという母親が育児休暇中で、つきっきりにも関わらずです。


ちなみにメーガンとプリンス・ハリー、英国王室御用達のノーランド・カレッジ

(125年の伝統を誇る、乳幼児の保育と教育の大学)の卒業生ではない、ナニーを雇っているそうですよ。


こちら、ノーランド・カレッジの制服。

photo

内部情報筋によれば、なんでも自分のアメリカ人という血筋を大事に思うメーガンは、

ナニーを手配するエージェントに、

「イギリス人よりもアメリカ人(のナニー)を希望します」

と明確に告げたんだとか。

え?
あんなに必死こいて、イギリス人男性と結婚しようと婚活していたのに?

イギリス人男性なら誰でも良かった? メーガン妃、ヘンリー王子と出会うまで、男探しに必死だった過去…


さらに、男性ナニーの選抜も視野に入れていたとか。

ちなみに、英国王室付きのナニーともなると、

経験によっては、年収(日本円にして)950万円以上ももらえるんだとか 

イギリスって物価の割に、賃金がべらぼうに安いですよね。

しかも普通チャイルドケア系はどの国も、給料がくそみそに低いのが定例なので、

ベビーシッターで年収900万超えというのは、かなりの待遇だと思います。

photo

そんな本日のスラング英語は、ナニーには直接関係ありやせんが pee pee。

幼児言葉でおしょうすいのことでございます。

日本語で言うなら、チッコ、チッチ、シッコなどです 


玉の輿婚! メーガン・マークル、ヘンリー王子と結婚1年半でゲットした、総額8千万円以上のジュエリーコレクションの数々!

YOSHIKIピンチ!着用していたスカーフが、エリザベス女王のお顔を襲撃?!

激太りの原因は子育て & メーガン妃、雇ったベビーシッターに膨大な秘密保持契約書をサインさせた疑惑

動画で検証、メーガン妃のお行儀の悪さ…。ヘンリー王子に「前を向け」と注意され、ふてくされ顔のメーガン・マークル

一気に老けましたね…。産後1ヶ月で公務復帰の メーガン・マークル、ジバンシィのワンピに英国民が大激怒

トランプVSメーガン! 大統領の「メーガンは意地悪」発言釈明も、世間の反応がウケる件 


わがままメーガン・マークル、宮殿スタッフが付けたあだ名は「ミー・ゲイン」

メーガン・マークル、今度は専属の女性ボディーガードが辞任!人気なしのサセックス公爵夫人は「一緒に働きづらい人」?

「わがままなプリンセス」 メーガン・マークル、個人秘書メリッサを泣かせて、辞職に追い込んだ?キャサリン妃との確執


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加