海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

犬好きセレブの代表格と言えば… 

ムツゴロウさん?(←いや確かにそうだけれども、今日はそっちの路線じゃない…)

畑正憲さん?(←同じやん)

ではなくて、ライアン・ゴズリングですよ!ということで、

ものすごくお久しぶりのご登場は、私生活をほとんど公にしないライアン・ゴズリング(38)&エヴァ・メンです(45)夫妻。


さて2016年に、愛犬のジョージはんを17歳という高齢で亡くしたライアン・ゴズリング。

過去記事でもお伝えしましたが、保護犬ジョージはんのことを

それはそれはとっても可愛がり、大切にしていたライアン・ゴズリングですが、

この度、新しい家族(わんこさん)をお迎えになったそうです 


水曜日、LAのトリミングサロンに、

一匹の大型犬を連れて行くところをパパラッチされたライアン・ゴズリング。

photo

その後、嫁のエヴァ・メンデスがインスタグラムにて下記のように、

わんこをレスキュー団体から引き取ったことを公表。

"Meet Lucho. The newest member of our family. We adopted him from this amazing agency called Friends for Life Rescue Network @fflrescuenetwork. If you’re looking for a fluffy family member, adoption is a great option. So many little dudes out there needing a home."


「ルチョをご紹介します。私たち家族の新しい一員です。

私たちはこの子を『フレンズ・フォー・ライフ・レスキュー・ネットワーク』という

素晴らしいエージェンシーから引き取りました。

もしモフモフの家族を迎えたいと考えている方は、アダプション(保護)をご検討ください。

たくさんの小さい命が、お家を必要としています」

続けて、

「お家でペットを飼うことが無理でも、動物が大好きと言う方は、

この非営利団体に寄付をご検討されてください。

全ての寄付は税金免除です。

みなさんの寄付で、路上の野良犬・野良猫が減り、

施設での安楽死を免れることができます」

ご立派っす!

photo

それにしても、とってもキレイな薄茶色のワンコですが、

どうやらフォーンドーベルマンのようです。

こんな立派な犬を捨てるヤツがおるなんて、けしからん!

いや、立派じゃなくても可愛くなくても、命を捨てたらダメだけれども。


実はドーベルマンと言う犬種は、5レンジャーだそうです。

そう、全部で5色の種類が存在するって知ってました?


一般的に知られているのが、ブラック(黒)とレッド(赤)のドーベルマン。

日本ではほとんどみないのが、ブルードーベルマン(青)、

ルチョ氏のフォーン(淡黄褐色)、そしてホワイト(白)。

photo

ブルードーベルマンはブラックドーベルマンの希薄バージョンで、

フォーンドーベルマンはレッドドーベルマンの希薄バージョンと言われ、

この2つは淡色被毛脱毛症という、皮膚病に悩まされることが多いそうです。

もしかしたらルチョも、皮膚疾患持ちで

捨てられたとかなのかも知れませんね?(←あくまで勝手な憶測です)

ライアン・ゴズリングとエヴァ・メンデスなら、

ずっと大切にしてくれるはずです。

めでたし、めでたし 


長くなった本日の英語は doberman(ドーベルマン)の英語発音!

英語では、ドーバマンみたいな発音です。

ドーを強く発音してください。


故ヒース・レジャーも!人気ハリウッドセレブの秘蔵写真公開!ソーシャルメディアが普及する前のクラブは、スターで溢れていた… カリスマプロモーター、パンテラ・サラ

悲報!ライアン・ゴズリング、愛犬ジョージが亡くなった?『ブレードランナー2049』予告2

ライアンゴズリングの愛犬ジョージさんが危篤な件

ライアン・ゴズリングが同伴の豊胸美女は姉マンディと判明


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加