海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

かなりお久しぶりのご登場はアマンダ・サイフリッド(33)。

ちなみに、過去記事でも書きましたが、アマンダ本人による正しい発音は「サイフレッド」に近いです。


さて木曜日、ライフスタイルブログ『Something Navy』を運営する

アリエル・チャーナス(32)に謝罪をしたアマンダ。

まず、アマンダが巻き込まれているインスタグラムでの

すったもんだをカンタンに説明しやす… 


火曜日に、アリエルが投稿した1枚の写真。

緑のビキニに身を包み、120万人いるフォロワーに

"Proud of my body after two kids"

「子供を2人産んでもこのスタイルの自分を誇りに思う」

とキャプションを付けシェア(←自慢)したアリエル。

photo

これに対し、アマンダの友人で、俳優ジョシュ・チャールズの嫁のソフィー・フラックが

"Thank you @ariellecharnas for acknowledging your privilege/multiple caregivers who made your excessive workouts possible oh wait, Is there a problem?"

「アリエル・チャーナス、あなたがエクササイズに励んでいる間に、

子供たちの面倒を見てくれていた人たちがいたことと、自分の恵まれた特権に気づいてくれて、ありがとう」

と、リプ。

つまりソフィーは、アリエルにはベビーシッターに子供を任せて

ジムに通ったりワークアウトに勤しむだけの時間も経済力もあり、

そのおかげで自分がナイスバディを保っていられるということに

気づいていないという嫌味、皮肉なわけです。

photo

これに対し、「何か問題でも?」と挑戦的なリプをしたアリエル。


ソフィはこの挑戦に対し、産後に体型が戻らない女性がいること、

そういった女性たちへの配慮が、120万人ものフォロワーがいて

『インフルエンサー』であるアリエルに欠けていること、

世間の母親である人たちのほとんどが、(ジムへ通ったりワークアウトをするために)

子供を預けるためのベビーシッターを雇える財力がないこと、

細すぎる不健康なビキニ姿を自慢することは、自分(ソフィー)も細身だけれども、

世間に与える影響が好ましくない…などを長文にしてお返事。


このお返事をアマンダも自分のインスタにてシェアしたところ、

アリエルがアマンダとソフィーをブロック。


そこでアマンダ・サイフレッドが、ソフィーの長文をスクリーンショットで

自分のインスタにコピペでシェアしながら、

"My very smart friend wrote this on a semi-influencer's feed and she blocked both of us.

If we're ready to get paid for flaunting our lifestyle (and inspiring some in the meantime), we have to be open to the discussions surrounding what we are promoting. "


「私のとても賢い友人(←ソフィーのこと)が、セミインフルエンサーにこのようなコメントをしたところ、友人も私もブロックされました。

自身のライフスタイルを誇示し、世間に影響を与えることでお金を稼いでいる人たちは、

自分たちが宣伝している事柄についてのディスカッションにオープンであるべきです」

と、自分に不都合なコメントを削除したり、ブロックしたアリエルを咎めたわけです。


これに対し、アリエルが以下のように反論。

"Why am I being bullied for posting myself in a bathing suit?

I should be punished because I'm thin and worked hard to be fit after giving birth to two kids?

I'm not responsible for making people feel good about themselves."


「自分のビキニ写真を投稿しただけで、なんで私がいじめられなくちゃいけないの?

子供2人産んだ後に、一生懸命エクササイズして細くなったことで、叩かれなくちゃいけないの?

他人をいい気分にさせるのは、私の仕事じゃないわよ」


この後も双方のやりとり、すったもんだが続き、埒が明かなかったわけですが、

木曜日に、アマンダ・サイフレッドが謝罪に出たわけです。


謝罪のコメントも長いので、もう省略しちゃいますが、

アリエルに対し「この一件のせいで、嫌な思いをされたことに対し、謝罪いたします」とコメントし、

アリエルだけでなく、細いことで叩かれたりする女性たちにも

謝罪を表明したアマンダでありました。

(簡単に説明するつもりが、どえりゃー長くなった

photo

で、これに対し、世間からは

「アマンダ、あなたの言っていることは正しい!謝る必要なんてないわよ」

「セミインフルエンサーって表現がウケたわ。アマンダ、やるわね」

「インフルエンサーっ奴らがそもそも、ソーシャルメディアのゴミだよな」

「ネットで自慢げに写真を公開すれば叩かれるって、アリエルって奴は知らなかったのか?」

などなど、みなさんアマンダ・サイフレッドを擁護しておりました 


そんな本日の英単語は influencer、インフルエンサー。

直訳のまんま、世間に影響を与える人物や物のことですが、

ソーシャルメディアの普及で、今回のアリエルのような、

なんちゃってインフルエンサーがたくさん蔓延っていますよね。

世も末や…



アマンダ・サイフレッド、すっぴん妊婦姿を披露も世間が冷たい理由 トーマス・サドスキー フィン犬種&VOGUE動画

アマンダサイフレッド、トーマスサドスキーと不倫略奪愛からの婚約?

アマンダサイフレッド、新『ツインピークス』にクーパー娘役で出演

アマンダサイフレッド、不安障害で精神科通院を告白

アマンダサイフレッドの激カワでちょっぴりHな犬のフィンくん爆笑写真

アマンダサイフレッド、彼氏のジャスティンロングとツーショットはこちら
 
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加