海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

英国王室より、2人のプリンセスが笑顔でご登場 


13日に行われたテニス、ウィンブルドン選手権の女子シングルスの決勝戦、

メーガンのダチのセレーナ・ウィリアムズ VS シモナ・ハレプを観戦した

キャサリン妃とメーガン妃(共に37歳)。


この9ヵ月間、しぶとく流れていた不仲説を払拭するかのように、

2人とも笑顔を振りまき、とっても仲が良さそう!(に見える)

photo

ちなみにケンブリッジ公爵夫人ことキャサリン妃は、

ドルガバのグリーンのワンピ、日本円で約29万円を、

メーガンは白いシャツに、ヒューゴ・ボスのスカート、約7万円をお召しになっております。

プリンセス・ケイトの妹子、ピッパもおりやした 

photo

海外のソーシャルメディアでは、キャサリン妃を絶賛する声が多数。

(ちなみにキャサリン妃は、英語圏ではケイトと呼ばれております)

「ケイトは本当に品があって美しいわ」

「ケイトってば、いつ見てもエレガントねぇ」

「ケイト、痩せすぎな気もするけど、緑のワンピが良く似合っている。

それに比べ、メーガンが着ているのは何なの?

シャツの素材とスカートの素材が合っていないし、上下白だけど、違う色味の白で変だわ」

「ケイトは確かに細すぎるけど、ワンピ―スが体型に合っているわ。

それに比べ、メーガンはシャツと変なスカートのせいで、余計に太って見えているわ」

誰か、メーガンのことも褒めてあげて 


確かに、メーガンの服装、ちょっと変ですよね。

ヒューゴボスってば、こんな服作ってるんだ?って感じだし、

何より、真ん中ピッチリ分けのスタイルも似合わないんですよね、よくやっているけれども 

photo

それにしても、キャサリン妃はキレイだったわー 

3人のお子を産んでこのキレイさ、脱帽です 

昔は、こんなにイケイケだったのに、いつのまにやらすっかりお上品になりましたし… 

初公開!キャサリン妃、若き頃の泥酔写真をセレブ写真家マックス・バターワースが大流出!世間の好感度は逆に上昇


そんな本日のスラング英語は nail it。

動詞のスラングで使うと、何かを完璧にこなす、キメるという意味があり、

物事、動作を完璧に成し遂げる以外にも、洋服やヘアスタイル、メイクなどを

完璧にキメるという意味でも使えます。

今回のキャサリン妃は、緑のワンピをめっちゃ完璧に着こなしているので、she nailed it!


抱っこヘタね…。メーガン妃、赤ちゃんアーチーが落ちそうとネットで酷評されまくる

何様ですか?メーガン様です! ウィンブルドンでのすったもんだ。テニス観戦での王室の勘違いな態度にネット炎上

どっち似? メーガンとヘンリー王子の長男アーチー、洗礼式はマスコミ立ち入り禁止!世間の反応は?

ドバイのすったもんだ…。モハメド殿下から逃亡中のハヤ王妃、実はボディガードと不倫?! 妻6人

激おこ英国民! メーガンとヘンリー王子の自宅フロッグモア・コテージのリフォーム代は年間3億2千万円!(国民の税金でお支払い)

メーガン妃、たった6週間で長男アーチーのベビーシッターが3人も変わった件 ノーランド大学

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加