海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

注)暴力的な表現を含みます。
ご理解いただける方のみ、お読みください。


『恐いチャイナ』シリーズ (←そんなシリーズはない)

中国で起きた、とてもスキャンダラスで残酷な殺人事件をお届けする本日…


事件は2018年の6月30日、中国の湖南省のホテルにて起きました。

当時28歳だったファン・ヤオ被告(女性)が、

元交際相手のワン・レイさん(当時26歳)に金の無心をするために、ホテルに呼び出します。


双方看護師だった2人は女性同士ですが、とても愛し合っていたカップルだったものの、

ファン被告が2017年頃から、ネットのギャンブルにハマりだし、

2人の関係が悪化し、破局。


しかし別れた後も、ワンさんから度々お金を借りていたファン被告。

ワンさんは、もうこれ以上お金を貸し続けるのはイヤだと、

事件の起きたホテルをファン被告との話し合いのために訪れます。


ちなみに、加害者のファン被告の顔写真は、

モザイクのかかっているもの(かグラサン着用)しかありません。

加害者の権利が守られるってヤツですか? 

被害者のワンさんは、めっちゃ可愛い!

なんでこんな美人のお嬢さんが、ダメ人間なんかと交際していたのか… 


photo

ちなみにファン被告に、自分も310万円ほどのお金を貸していたという

友人タンさんの話によると、
ワンさんからは日本円に換算し、

総額約440万円を借りていたというファン被告。


ファン被告の借金の総額は、1千万円を超えているそうで、

お金を借りていた友人たちには、1円も返済したことがなかったといいます。


てかみんな若いのに、お金をすごい持ってますねぇ?

親が中国の富裕層だったりするんでしょうか。

友人や恋人に、数百万単位のお金を貸すという思考・行動が、

既に理解できない私であります 


本題に話を戻し…

金の無心を断られたファン被告とワンさんは口論になり、

ホテルの9階の部屋から1階まで、

ナイフを振り回すファン被告に追いかけられたワンさん。


首や体を196回にも及びめった刺しにされ、

救急隊が駆けつける前に、現場で亡くなってしまいます。

ファン被告はその場から逃走するものの、その日のうちに警察により逮捕されていました。


てかサイコパス確定ですな、借金の総額のデカさといい、

元恋人を196回もめった刺しにする狂気さといい、

殺害動機が「金の無心を断られたから」という自己中さといい。

クズやねん 


左からクズ、殺害されたワンさん、友人タンさん。
photo

そして12月に、ファン・ヤオ被告に、殺人罪にて死刑判決が下されました。

しかし、この死刑判決には2年間の猶予期間が付いており、

被害者であるワンさんの家族が、刑を不服とし、上告をしております。


猶予期間付きの死刑判決ですが、中国の法律で

(今回のファン被告の件を例に挙げると)死刑執行までの2年間、

死刑囚が模範囚と認められれば、死刑から無期懲役に減刑。

さらに無期懲役で刑務所で過ごす間に、これまた模範囚と認められれば、

さらに減刑され、例えば殺人罪でも15年で出所できたりするケースもあるそうです。


って、それちっとも死刑ちゃうやんけ 

よってワンさんの家族は、ファン被告の即刻の死刑を求めているわけです。

遺族としては、当然の要求です。


また裁判所は、ファン被告の家族に対し、ワンさんの遺族へ賠償金として

日本円に換算し、約52万円の支払いを要求。

へ?
52万円?! 

読み間違い・変換間違いかと思って、何回も確かめたけれども、52万円だわ。


26歳の若いお嬢さんの命が、たった52万円って、ふざけんなぁあ! ですよ。

ファン野郎が、ワンさんに借りていた金額よりも安いやんけ!

被害者と遺族をバカにしてんのか!

ワンさんの遺族には、なんとか再審までもっていけるように頑張って頂きたいですな。


そんな本日のスラング英語は dyke。

レズビアンの別称です。

レズビアン以外の方が使うと、失礼な表現となります。






【衝撃おそロシア】マフィアのボスである父親を刺殺した10代の美人3姉妹、ペド父による性的虐待に耐えた過去が…

イケメン御曹司の転落人生の背景に精神疾患。ヘッジファンド創設者の父に生活費を切られ、銃殺した息子トーマス・ギルバート・ジュニア現在の姿

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加