海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

『やるせない話』シリーズ 

と言っても今日は、暴力的でも性的な話でもありません。

不妊治療のリスクをご紹介する本日…


オハイオ州に住む大学生、レベッカ・カルテローネさん(24)。

2018年のクリスマスに、両親に自宅でできるDNA鑑定キットをプレゼントします。


レベッカ嬢は自分の出生について疑いがあったわけではなく、

近年、オンラインやら自宅でできるキットやらを使って、

遺伝子鑑定をして自分のルーツをたどるのが流行っていますよね。

その一環で両親と一緒に、自分たちのルーツを遡ってみようという、

ワクワクした気持ちで、DNA鑑定キットをクリスマスプレゼントにしたわけです。


年が明けた今年の2月、そのDNA鑑定の結果が届きます。

その鑑定結果を見て、家族全員がびっくり。

母親のジェニファーさんと娘レベッカ嬢のDNAは、とても類似していましたが、

父親ジョセフ氏のイタリア系のDNAが、まったく入っていなかったからです 


 おかんジェニファーと顔のパーツやら体型やら、何から何までソックリなレベッカ嬢。

photo

鑑定キットの信憑性を疑った父ジョセフ氏、

さっそく鑑定キットの製作元へ問い合わせをしますが、

企業からの詳しい説明を受けると、

「どうやらこの鑑定キットはとても正確なものらしい」

という結論にいたり、別のDNA鑑定を受けることに。

そして、3月に受け取ったその別のDNA鑑定の結果でも、

父ジョセフ氏とレベッカ嬢のDNAに一致はなく、

まったくの赤の他人であることが確定されます 


「嫁ジェニファー、別の男と浮気をして身籠ったのか!」ということではなく、

実は母ジェニファーさんと父ジョセフ氏は子宝に恵まれなかったため、

1993年に、オハイオ州のクライスト病院のIVFクリニック、

シンシナティ・インスティテュート・オブ・リプロダクティブ・ヘルスでにて、

不妊治療を受けていました。

photo

そして1994年、IVFにて授かり生まれたのがレベッカ嬢。

つまり、母ジェニファーさんの卵子に、父ジョセフ氏の精子ではなく、

別の男性の精子を受精させてしまったというわけです 


先週になり、父ジョセフ氏がIVFクリニックに対し、訴訟を起こしたことが判明。

そりゃそうだ。

24年間、自分の子供だと思って育ててきた娘に、

血の繋がりがまったくないことが判明したわけです。


産みの親より育ての親なんて言いますし、

血の繋がりがなくても、レベッカ嬢にとっては

24年間育ててくれたジョセフ氏がお父さんなわけですし、

ジョセフ氏にしても、24年間愛情をかけて育てたレベッカ嬢は紛れもなく

自分の可愛い娘だと思いますし、今後の2人の父娘関係が変わることもないと思いますが、

でも問題はそういうことじゃないですよね。


養子ではなく、自分たちのお子が欲しいと思って、夫婦で挑んだ不妊治療。

高いお金を払って、痛い思いをして受けたIVF治療。

「入れる精子、間違えちゃいました。さーせん

とかクリニック側に言われても、怒りはおさまらないわけです。

ナマモノなので返金も返品もできませんし。

おとんのジョセフ氏、ある意味、大沢樹生状態ですよ。


私がカルテローネ家だったら、巨額の賠償金を取れるだけぶんどってやろう、

こんなう〇こクリニック、廃業に追い込んだるわ! くらい思います(←ヤ〇ザか)

photo

ちなみに、今週水曜日の父ジョセフ氏の弁護士の報告によると、

レベッカ嬢の実の父親(精子の提供者)は、5人にまで絞られてきたそうです。

しかしその5人のうちの1人が、当時クライスト病院で働いていた医師なんですと…。


少し前に、IVFクリニックの医師が、許可なく自分の精子を

不妊治療中の患者さんたちの卵子に受精させていた、という事件がニュースになっていました。

いろいろな意味で気持ちの悪い事件でしたが、

今回の件でも、クライスト病院で働いていた医師の精子が、

レベッカ嬢の受精に使われたとしたら、もしかしたら単なるミスの精子取り違えではなく、

実験的な故意的な、陰湿な事件の可能性もあるわけです… 


なんにせよ、不妊治療を頑張っているみなさん、

ちゃんとしたクリニックで治療を受けましょう!

そしてお子が生まれた際には、DNA鑑定を受けてみるのもアリかもしれません。


そんな本日のスラング英語は family tree。

直訳だと家族の木。

と言っても、〇〇ちゃんが生まれたお祝いに、庭に桃ノ木を植えました、とかそういうことじゃないです。

家系図という意味でございます。



刑務所でも反省ゼロの微笑み! 16歳で親友を刺殺したサイコパス美少女殺人鬼、シーラ&レイチェルの殺人動機がひどい

悲劇でも同情なし? クルーズ船の窓から転落死した幼児の遺族、損害賠償を求めて訴えるも世間からは非難の嵐

悲劇再び… 3歳で母の道連れ無理心中から助かった少女、妊娠したまま飛び降り自殺へ

IQ141! 天才サイコパス少年殺人鬼パリス・ベネット、 4才の妹を刺殺した動機が恐ろしすぎる件

イケメン御曹司の転落人生の背景に精神疾患。ヘッジファンド創設者の父に生活費を切られ、銃殺した息子トーマス・ギルバート・ジュニア現在の姿

【衝撃おそロシア】マフィアのボスである父親を刺殺した10代の美人3姉妹、ペド父による性的虐待に耐えた過去が…

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加