海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

再びのご登場はサセックス公爵夫妻こと、メーガン・マークル(38)とヘンリー王子(34)。


先週の記事にて、メーガンとプリンス・ハリーが、

生後3ヶ月になるお子、アーチを連れてプライベートジェット機でイビサ島に飛び、

豪華ヴィラにてメーガンの38歳(←なにが嬉しいんだか)のお祝いをし、

イビサ島から再びプライベートジェット機にてイギリスに帰国した、

環境問題について普段からアレコレ偉そうに語っているくせに、

自分たちはCo2排出を考慮せず、プライベートジェットを使うんかい、

世界中が「この偽善者め 」と怒っているで、という話をしました。


詳細はこちら 

だから嫌われる! メーガン妃、豪華イビサ島での誕生祝いにプライベートジェット機で向かい、環境保護は口だけ!


世間から反感を買い、少しは良心の呵責を感じたり、反省したりしているのかな…

と思ったら、甘かった!

ちっとも反省していなかった!


イビサから帰国した2日後の水曜日、

今度はお仏蘭西のニースに、お子アーチーチーアーチーを連れて、

再びプライベートジェット機で飛びだったメーガンとハリーでございます。


アーチーを抱っこしてプライベートジェット機から降りるメーガン。
photo

つまりわずか1週間ちょっと(正確には8日間)で、

3度もプライベートジェット機を利用したんですな。

ニースから帰ってくるのもプライベートジェット機になるので、

短期間で4度もプライベートジェット機を飛ばすことになります。


追記:

その後、やはりニースからプライベートジェット機で帰国しまして、

11日間で4回も、プライベートジェット機を利用したことになりました。

ちなみに飛行機代や豪華ヴィラ代はすべて、

ダチのエルトン・ジョンがお支払いになったそうで、

エルトン・ジョン、バカなの?

さらに、エルトン・ジョンは世間からの批判を分かっているのか、

環境保護団体へ別途寄付も送っており、これでプラマイゼロ?(←そういう問題じゃない)。


プライベートジェット機で飛行すると、民間機で飛ぶのと比較し、

1人頭、7倍ものCo2の排出量という計算になるので、環境面、地球温暖化にとって良くないわけです。

地球温暖化は食い止めることはできても、進んだものを戻すことはできません。

よってエルトン・ジョンが環境保護団体へ寄付を送ったからといって、

メーガンとハリーが4度のプライベートジェット機で排出したCo2を帳消しにすることはできません。


とは言え、一応こんなんでも(←言い方が失礼)英国ロイヤルファミリーのメンバーですし、

お子は3ヶ月と小さいですし、マスコミも大騒ぎするでしょうし、

民間機よりもプライベートジェット機で移動した方が、いろいろと便利・安全なのも分かります。


んが、問題なのは前回も言ったように、普段から環境問題について偉そうに、

なんやかんや語っているところであります。


プライベートジェット機を利用しまくるのであれば、

偉そうに環境問題のことをレクチャーするんじゃねえ  と世間は怒り心頭なわけです。


プリンス・ハリー。
photo

まあ当の本人たちは、よっぽどツラの皮が厚いのか、

パンピー(一般庶民や世間)の怒りなんて、これっぽっちも気にもしていないご様子。

これからもきっと、プライベートジェット機を使いまくると思われます。

そしてこれからもきっと、環境問題について偉そうにレクチャーしまくると思います。

なぜなら、それがサセックス公爵夫妻というものだから 


そんな本日のスラング英語は thick skinned。

直訳だと、皮の厚い、分厚い皮をした、ですが

意味的には、神経が太い、鈍感な、という否定的な意味の他に、

打たれ強いという肯定的な意味でも使えます。


だから嫌われる! メーガン妃、豪華イビサ島での誕生祝いにプライベートジェット機で向かい、環境保護は口だけ!

なぜメーガン妃の誕生日祝いの、ヘンリー王子のメッセージが炎上したのか

さげまんメーガン、ヘンリー王子の「環境保護のために子供は2人まで」の意識高い系発言にネット炎上

注文の多い王室。メーガン・マークル、ご近所にやってはいけないリスト発令。イギリス版ヴォーグ

スペック高っ!スペイン王室フィリペ6世とレティシア王妃の娘、レオノール王女とソフィア王女の美人姉妹

ちょっぱや離婚! 元ミス・モスクワのオクサナ嬢、長男を出産も、愛のために王位を捨てたマレーシア元国王ムハンマド5世と電撃離婚か

和解? キャサリン妃とメーガン妃、仲良くウィンブルドン観戦で不仲説騒動に終止符?世間の反応は?

抱っこヘタね…。メーガン妃、赤ちゃんアーチーが落ちそうとネットで酷評されまくる

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加