海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

カーダシアン家から、クロエ・カーダシアン(35)がご登場 


先週、自身のスキンケア商品のプロモのため、3枚のセルフィをインスタグラムに投稿したクロエ。

んがしかし!

フォロワーたちから、以下のようなアンチコメント(←正直なご意見とも言う)がたくさん寄せられてしまいました 


「オーマイガー。唇どうしちゃったの?」

「悪いけど、唇にフィラーを入れすぎよ。気持ち悪いわ」

「唇が閉じれないってことは、フィラーの入れすぎってことよ?」

(クロエは口が閉じれないのではなく、口を開けた アホ顔 セクシー顔をキメているつもりなのですが、それに対する皮肉です)


冒頭の写真だと、お口が不自然に開き過ぎで完全にアホの子ですが、

下の写真も、やっぱり唇が閉じ切れていませんね…

デコもボトックス感がハンパない… 

photo

以前、「鼻いじったんでしょ?」というコメントに対し、

「コントゥアを使う時があるからよ」と反論し、整形ではなく、立体メイクを言い訳にしたり、

「目、引っ張り過ぎじゃない?」とフェイスリフト疑惑について追及された時には、

「ウケる   妄想が激しいわね。まあ言いたい放題言っていいわよ」と即座に反論に出ていたクロエ。


んが今回、唇に関するアンチコメントが続いても反撃には出ず、

静かにインスタのコメント欄を閉じておりました。

お口は閉じれないけれども、コメント欄は閉じれるってか?(←上手いこと言った。山田くーん!)


下がデフォルテ。

クロエ・カーダシアンの初期設定でございます。

アップグレードを続けた結果が冒頭です 

photo

そんな本日のスラング英語は clap back。

最近、ソーシャルメディアなどで流行っている表現ですけれども、

これは批判やらアンチコメントやらに、瞬時に反論に出たり反撃、言い返すことでございます。


クロエ・カーダシアンを擁護する気は微塵もございやせんが、

アンチコメントはスルーが1番っすよね。

相手にしたり反論したりすると、嫌なやり取りが延々と続きますもんね。



失敗かわざとか? キム・カーダシアン、フォトショップ修正で足の指が6本

整形は老ける? カイリー・ジェンナーが22歳に見えないほど老けている理由

へたくそか! カイリー・ジェンナー、フォトショップ修正失敗で偽りの「サマーボディ」

やはり肋骨を抜きましたね…? キム・カーダシアン、激細ウエスト in ビキニを披露も、パパラッチはヤラセか…。ビフォーアフター写真

どちら様で? カイリー・ジェンナー、すっぴん・フィルター・フォトショップ修正なしの素顔が貧相な件


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加