海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

お久しぶりのご登場は、バックストリートボーイズのニック・カーターの弟、アーロン・カーター(31)


過去2回(3度だったか?)、アーロン・カーターの薬物&美容整形依存による変貌というか劣化を取り上げたことがありますが…





木曜と金曜に、TVインタビューが放送されることになっているアーロン。

(この記事が公開されている頃には、きっとオンエア済み)


インタビューの中で、病院で正式に統合失調症と

双極性障害と躁鬱病と、急性うつ病と診断されたと告白いたしました。

photo

英文の元の記事をそのまま略したのですが、突っ込みどころが満載ですが

それは後で説明するとして…、とりあえず双極性障害と躁鬱病は

英語と日本語での呼び方こそ違えど、ほぼ同じものでございます。


さらにインタビューの中で、最近になってスミス&ウェッソンの

2丁のライフルを購入したと告白したアーロン 


海外のソーシャルメディアでは、

「精神病のヤツに銃を許可するなんてどうかしている!」

「統合失調症のヤツがライフルなんて持つな!」

などなど、懸念と批判が多く寄せられております。

photo

べつに統合失調症だからといって、みんながみんな狂暴だったり

殺戮を犯すわけではないんですけどねぇ。

でもアーロンてば、こんなデカい突撃ライフル2つ、なんのために使うつもりなんざんしょう…。

備えあれば患いなしと言いますが、こういうライフルって保身のためというよりは、

殺す気満々って思われても致し方ないですな… 


ちなみにアーロン・カーターと言えば子役出身で、

昔は激カワだった話を以前に紹介いたしました。

18歳までに総額、日本円にして210億円稼いだと言われております。

(当時の円=ドル計算で言ったら、もっともっと稼ぎましたね)

しかし豪遊・浪費が祟り、24歳の時に3億5千万円の借金とともに自己破産。

つまり18から24歳までの6年間で、210億円+3億5千万円以上、使ったことになります。

どんな生活してたんや… 

ほとんどがおクスリ代でしょうか。

不動産投資にでもまわしていたら、アーロン・カーターも今頃きっと

若手不動産王としてブイブイ言わせられてたかも知れないのに…。

photo

何はともあれ、本日の医療略語はSAD。

悲しいほうの sad ではございやせん。

SAD は、schizoaffective disorder の略で、日本語にすると統合失調感情障害です。


記事の最初の方で、アーロン・カーターが医者により

統合失調症と双極性障害と正式に判断されたとありますが、

当方は本職がこういった患者さんたちと関わる仕事ですが、

この2つを患っているという診断は普通はしません。

(アーロンが別々の医者に、統合失調症と診断されたり、双極性障害と診断された、というなら話ならあり得ます)

統合失調症に双極性障害、または躁鬱っぽい症状(気分の浮き沈み)がある場合、

それは統合失調感情障害、つまりSADという診断となります 



激ヤセのアーロン・カーター、リハビリ2週間で14キロ増加に成功 薬物中毒からの復活を早くもぬか喜び? 

アーロン・カーター、美容整形と覚醒剤依存!転落人生、衝撃のビフォーアフター写真

アマンダ・バインズ、激太りは統合失調症の薬のせいか?引退発言改め、女優業復帰を目指し奮闘中

バック・ストリート・ボーイズのニック・カーター、3度目の逮捕 

スターウォーズ』アナキン子役のジェイクロイド、統合失調症で刑務所から移送
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加