海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo2

キム・カーダシアン(38)が衝撃告白(←おおげさか)をひっさげてご登場 


リアリティ番組『キーピング・アップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ』の中で、自己免疫疾患について触れたキム・カーダシアン。

木曜日に、コートニー・カーダシアンのウェブサイト『プーシュ』にて、その内容について詳しく語りました。


20代の頃、1度乾癬の症状が出たと言うキム。

当時同じビルに住んでいた皮膚科医の元、注射による治療で、乾癬がすっかりおさまったものの、

30代になり再び症状が出始めたそうで、

過去8年に渡り様々な治療に手を出したものの効果がなく、

特に今年初めは症状がひどく、顔中に乾癬の症状が出たそうな。


乾癬は自己免疫疾患の1つで、キム・カーダシアンの母、

クリス・ジェンナーが乾癬を持っているそうですが、

子供たちの中で遺伝してしまったのは、キムだけだそうです。

最近になって乾癬性関節炎で、携帯電話すら持つことができないほどの

腕の痛みに襲われたと言うキム・カーダシアン。


さすがのキム・カーダシアンでも可哀相だなと思ったのですが、

海外のソーシャルメディアの反応は冷たかった 


「全身整形で入れまくってるフィラー、シリコン、ケミカルの数々と自己免疫が闘っているんじゃないの?」

「年を取るといろいろと体にガタがくるもんだ。それに加えキム・カーダシアンは、整形で色々と手を加えすぎているからな」

「乾癬だろうが腐るほどお金もあって、子育ては人任せで、ストレスフリーな生活で羨ましいわ。私も乾癬よ。でも治療のための注射が保険適用外で払えない。カーダシアン家みたいにお金もないし、家に閉じこもっていても収入がない。でも肌が汚くて外出すらできない」

「カバー力抜群の新しいファンデーションでも発売する前の宣伝じゃないの?」

「最近こういう『可哀相な私』路線で売るセレブが多いわよねぇ」

確かに言われても仕方がないですな、普段の行いからすると 


 ちなみにキム・カーダシアンの場合、いつも右脚に乾癬の症状がひどく出るそうです。

photo2

そんな本日の英単語は psoriasis。

乾癬のことですが、発音は日本語で書くと ソライアシス って感じです。

Pを発音しません。

乾癬はうつらないので、乾癬の人たちを差別したり、避けるのはやめましょう 



整形をし続けた結果…。クロエ・カーダシアン、フィラー注入のし過ぎで唇が閉じない?! フォロワーのアンチコメントに、インスタのコメント欄を非公開に!ビフォー・アフター写真

失敗かわざとか? キム・カーダシアン、フォトショップ修正で足の指が6本

整形は老ける? カイリー・ジェンナーが22歳に見えないほど老けている理由

へたくそか! カイリー・ジェンナー、フォトショップ修正失敗で偽りの「サマーボディ」

やはり肋骨を抜きましたね…? キム・カーダシアン、激細ウエスト in ビキニを披露も、パパラッチはヤラセか…。ビフォーアフター写真

どちら様で? カイリー・ジェンナー、すっぴん・フィルター・フォトショップ修正なしの素顔が貧相な件


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加