海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo2

『やるせない話』シリーズ 

読んだ後にどんよりとした気分になるので、ご理解いただける方のみ、お読みください。


ウクライナで起きた悲しい事件…

今年2019年の8月23日。

学校から帰宅した8歳の男の子アントンくんが、自宅マンションのある9階から落ちて亡くなりました。

救急隊の調べによると、頭部から地面に落下しての即死だったそうです。


警察の調べでアントンが落下する直前、

アントンくんが服を破ったことを叱るために、アントンくんに向かって両親が怒鳴っていた声と、

アントンくんの両親がアントンを殴っている音が聞こえていた、と告白した近所の住人たち。

住人の1人は、アントンくんを殴る両親の罵声の数秒後、

バタバタバタと部屋を駆け回る子供の足音が聞こえ、そのすぐ直後

とても嫌なドサッという音が聞こえたため、キッチンの窓から下を確認すると

アントンくんが地面に落ちていたと証言。

また別の住人は、アントンくんが落下した後、慌てて下へ向かう両親の姿を確認しております。

photo2

警察の取り調べで、アントンくんが窓から飛び降りる直前に、

アントンくんを殴り、暴力を加えたことを認めた両親。

また日ごろからアントンくんに、躾と言う名の虐待を度々行っていたことも認めております。

そしてその虐待の日々は、何年間も続いていたことを両親が告白しております。


アントンくんの通っていた学校の校長先生によると、

アントンくんは成績が良くなく、進級もままならなかったものの、

両親は息子の成績などについて、まったく関心がなかったと言います。


警察から事情徴収を受けた後、アントンくんの両親は借りていたアパートを引き払い逃亡。

警察は両親の行方を追っております。

もし両親が有罪となれば、最高で懲役5年の刑に服す可能性が。


ってか   と思うことがいっぱいの本日。

何年もの間、日ごろから虐待を行っていたと認めた両親。

近所の人たちも知っていたにも関わらず、誰1人として通報しなかったんですね 

子供を罵倒する声や殴る音が日常茶飯事で聞こえてくるのに、よくスルーできるよなぁとある意味感心します 

学校側も両親の明らかなネグレクトにも関わらず、何の対応もしてこなかったわけですよね。

よくもそんなんで教師という職に就いていられんなって感じですよね。

しかも両親の行方が分からないって、警察は何をやっとんねん!

子供に虐待を何年間も加え続け、その子が亡くなって、

もし両親が有罪判決になったとしても、たったの懲役5年って短すぎやん?

アントンくんは周囲の大人たちみんなに裏切られた、と言っても過言ではないですよね。


アントンくんに死ぬ意志があっての飛び降り自殺だったのか、

それとも殴る両親から逃れるために衝動的に走り回り、窓から落ちてしまった事故なのか、

もうこれは亡くなったアントンくんにしか分かりません。

しかし両親の虐待がなければ、起きなかった事故・事件であることは確かです。

そして学校や近所の大人たちの無関心さがなければ、防げた事故・事件ではないでしょうか。


日ごろから、行儀が悪いと殴っていたという両親。

子供、しかも8歳の男の子、ヤンチャで当たり前ですよね。

もしかしたらADHD(注意欠陥多動性障害)などがあったのかも知れません。

ご両親も大変だったのかも知れませんが、だからと言って、怒鳴ったり殴ったりは何の解決にもならないですよね。

いろんな意味でやるせない本日でございます 


そんな本日の英語表現は beyond words。

言葉を失った状態、言葉にできない、言葉が見つからないという表現でございます。



首吊り自殺は事故だった…? 若手女優マイア・レシア・ネイラー(16)、全国統一試験の成績不振で自殺?

悲劇再び… 3歳で母の道連れ無理心中から助かった少女、妊娠したまま飛び降り自殺へ

日本人妻と破局で自殺!プロディジー、キース・フリント、DJ妻が日本ツアー中に自殺で死亡

お天気お姉さんの自殺はレーシック・スマイルの合併症・後遺症が原因か… 合計13名が自殺の危険性

道連れ自殺!プレイボーイ誌の元グラビア嬢 ステファニー・アダムス、7才の息子と飛び降り自殺・無理心中の恐怖

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加