海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo2

サセックス公爵夫人ことメーガン・マークル(38)が、タブーを犯してご登場 


21日、メーガンとヘンリー王子の恋のキューピットであるとも噂されている、

ファッションデザイナーのミーシャ・ヌヌーの結婚式にお呼ばれしたプリンス・ハリー&メーガン。


な・な・なんとメーガンってば、黒のヴァレンティノのドレスでご登場 

てかメーガンって、本当に髪のアップスタイルが似合わないですよねぇ(←そこかい)

いつもババ臭くなってしまう 


ってババ臭いヘアスタイルはおいておいて、

そもそも結婚式には、花嫁のウエディングドレスと被らないように白を着ない(白い服を着て行かない)という世界共通の鉄則の他に、

女性の招待客は、花嫁の白と衝突してしまう黒は控える、というマナーが海外ではあります。

(白を抑える色ではなく、引き立てるような色を着ろということです)

日本だと、黒は「死」を連想させる色なので、結婚式に全身黒のワンピースなどは控えるのと同じです。


でもメーガンはお構いなしで、全身黒のヴァレンティノのロングドレスでした。

てかメーガン、黒のスケスケシースルー、好きですよね。

元々の好みが、ばば臭いんですね 

photo2

度々のばば臭さはさておき…

これを受け、海外のソーシャルメディアでは普段にも増して、メーガンへの批判コメントが集中。

「毎回毎回、自分が目立つことだけしか考えていないわよね」

「注目されるためなら、メーガンは裸でも出席する勢いだわ」

「相変わらずデリカシーがないわ。自分が目立てばそれで良いって考えなのね」

「腹黒いメーガンにぴったりの色じゃないか」

「メーガンの頭の中では、メーガン本人は世界で1番重要な人物って考えなのよ。変な子!」


そんな本日の英単語は shun。

avoid と同じような意味で、ほにゃららを避ける。

結婚式にお呼ばれした際には、黒のドレスを避けるって常識を

アラフォーのメーガンに誰か教えたってください 



キャサリン妃の新ヘアスタイル & シャーロット王女ご入学は、学費が年間250万円のトーマス・バタシー校

メーガン、来週にチャリティイベントにて公務復帰も、狙いは自身の洋服ブランドの宣伝か?

メーガン&ハリー、風当たりの強い英国を離れ、メーガンの故郷ロサンジェルス移住計画に、英国民は大賛成?!

さようならメーガン。 ウイリアム王子とキャサリン妃、自身のチャリティ団体からヘンリー王子とメーガンを削除!

メーガンとヘンリー王子が誕生日をお祝いした、週1千400万円の豪華ヴィラの写真

タイミングが神! ウイリアム王子とキャサリン妃、メーガンとハリーとは対照的に、格安航空券で子連れ旅行!

ちっとも懲りない! メーガン&ヘンリー王子、たった11日間で4度目のプライベートジェット機使用(画像あり)旅費はすべてエルトン・ジョンがお支払い

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加