海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo2

ピアース・ブロスナン(66)が切ない話と、養子の息子クリストファー(41)をひっさげてご登場 


以前こちらのブログにて、ピアース・ブロスナンの2人の息子がイケメンですよ、と紹介いたしました。

兄ディランはモデルで、弟パリスはジャニーズ系というかホスト系でした。






実はピアース・ブロスナンにはもう1人、息子がいるのです。

その息子が、月曜日のノッティングヒルで、

久しぶりにマスコミの前に姿を現したクリストファー(46)でございます(冒頭左)。


クリストファーは、ピアース・ブロスナンが11年間結婚していた前妻、

カサンドラ・ハリスの連れ子でございます。

つまり、ピアース・ブロスナンとは血の繋がりがございません。


クリストファーは前妻カサンドラと、

1986年に心臓発作で亡くなったカサンドラの当時の夫、

ダーモット・ハリスのお子なのですが、ダーモットが亡くなった際、

ピアース・ブロスナンがクリストファーと姉のシャーロットを

自分の子供として養子縁組をし、面倒をみてきたわけです。


残念なことに、カサンドラは1991年に43歳の若さで卵巣がんにより亡くなり、

娘のシャーロットも2013年、41歳の若さで母と同じく、卵巣がんで亡くなっております。


若き日のクリストファー、ピアース、シャーロット 

photo2

ピアース・ブロスナンは2001年にキーリー・シェイ・スミスと再婚し、

前記したように、ディランとパリスの2人の息子がいるわけです。


クリストファーはヘロインとコカインの依存症に苦しんでおりましたが、

養父ピアース・ブロスナンのコネで、映画007シリーズの

『トゥモロー・ネバー・ダイズ』や『ワールド・イズ・ノット・イナフ』、

そしてこれまた養父のピアース・ブロスナン主演の

映画『ザ・トーマス・クラウン・アフェアー』にて、

アシスタント・ディレクターとして、お仕事をさせてもらっていたクリストファー。


しかし残念ながらクリストファーは薬物中毒を断ち切ることができず、

ピアース・ブロスナンも遂に2005年に、クリストファーへの援助や支援を

全てやめる決意を表明いたしました。


2005年頃のクリストファー&ピアース。
photo2

てかピアース・ブロスナン、すっごい良い人ですよね 

血の繋がっていない成人した息子を

前妻が亡くなった後に養子にして、面倒を見てあげたわけです。

仕事も紹介してあげて、生活費の援助やらなにやら、きっといろいろしてあげたんだと思います。

でもどうしても薬物を断ち切れない義理の息子を

泣く泣く勘当したのではないでしょうか。

自分が援助を打ち切れば、本人の足で生きていくために、

薬物を断ち切れるかもしれない…という希望を込めて。

(そんなようなことを昔インタビューで言っていました)


月曜日のクリストファー、とっても疲れているというか、老けてしまって、

もしかしたら、まだ完全にはおクスリと手が切れていないのかなー?と思ってみたり。

んが前にも言いましたが、薬物依存は立派な病気です。

例えば、がんになった人を責めたり差別しないとと同じで、

薬物依存だからといって皆がみんな、ダメ人間というわけでもないですし、

自業自得でないケースも多々あります。


若くして亡くなったお母さんカサンドラ、お父さんダーモット、

お姉ちゃんシャーロット、そして面倒をみてくれたピアース・ブロスナンのためにも、

クリストファーにはなんとか立ち直って頂きたいですよね 

photo2

そんな本日の口語英語表現は cut someone off。

直訳だと誰々を切り離す。

つまりは縁を切るとか、今で行ってきた援助やサポートをやめる、などの意味でございます。


波乱万丈! アーロン・カーター、統合失調症と診断されてもライフルを購入& 24歳までに200億円を使い自己破産

リヴァー・フェニックスの死から25年、元彼女サマンサ・マシスが初めて語る、コカインオーバードース死の夜

悲劇再び… ハリウッド伝説のスター、クラーク・ゲーブルにそっくりな孫息子が突然死。ドラッグ依存に苦しんだ家系

『かっこいいジジイ』ピアース・ブロスナンの長男ディランに続き、次男パリスもイケメンだった件

ピアース・ブロスナンの息子ディランはイケメンモデル 妻キーリーシェイスミス ジェームスボンド息子

ニックノルティの衝撃劣化と、イケメン息子ブローリー

ヴィゴモーテンセンのイケメンではない息子ヘンリーはこちら

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加