海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo2

イギリスのベアトリス王女(31)が嬉しいお知らせと、冷ややかな世間の反応をひっさげてご登場 


未成年淫行疑惑問題で渦中のアンドリュー王子と、

元妻セーラ・ファーガソンの長女であるベアトリス王女 

9月26日に、妹のユージェニー王女のソーシャルメディアにて、婚約を発表いたしました。


お相手は不動産投資で富を成した実業家、エドアルド・マペッリ・モッツィ氏(34)、通称エド。

交際を始めたのが、去年2018年10月の、妹ユージェニー王女の結婚式の後なので

交際約11ヶ月でのスピード婚約でございます。

ほいで今回話題になっているのが、そのエドの過去… 


実はエドには、ベアトリス王女と交際を始める前に、婚約していた彼女がおりました。

アメリカ系中国人の建築家で、自身のデザイン会社も経営する中々のやり手、ダラ嬢(37)。


ダラ嬢とエドは籍こそ入れていないものの、クリストファーという息子がおり、結婚間近だったという噂も。

そして破局した後も、息子のためにロンドンで一緒に生活をしていたと言います。

photo2

なんにしろ、ダラ嬢と別れてすぐにベアトリス王女と交際を始めたエド。

幼い息子もいるのにすぐ他の女性と婚約なんて、ちょっと怪しいわよね…

と海外のソーシャルメディアで話題になっております。


「チャラチャラしてそうな男だな」

「ナルシストな感じが全面に出ているわ」

「自分大好き、カメラ大好きのメーガン・パート2に違いない」

「遊び人な感じがする。ベアトリス王女との婚約も、イギリス王室っていう肩書が欲しいだけなんじゃない?」

「元カノがすごい美人だな」

「元カノからだいぶ格下げしたな…」

「確かに見た目は格下げかもしれないけど、ベアトリス王女はロイヤルファミリーだから、格上げになるんじゃないかしら?」


などなど、ベアトリス王女の外見に対する辛口コメントもございました。

まあ確かにベアトリス王女は、笑うセールスマン顔ではありますよね…(←失礼か)


インスタにはセルフィーがいっぱい!
自分大好き!なダラ嬢 

photo2

そんな本日のスラング英語はダラ嬢まで戻り、ABC。

American-born Chinese の略で、アメリカで生まれた中国人、

つまりアメリカ系中国人のことでございます。

中国人がものすごく多いオーストラリアでも、

Australian-born Chinese の意味でABCを使ったりします。


学生時代、クラスメイトに「私ABCなんだ」と言われて初めてこの言葉を知ったのですが、

お返しにギャグで「私イエローキャブなんだ 」と自虐ネタで返したら、

まったく通じずにウケないどころか、イエローキャブについて、

そしてなぜそれが日本人女性を表す侮辱的な言葉なのかを

長々と説明せざるを得なかった、あの恥ずかしさと言ったら… 

今でもトラウマですねん 


みんな辛口! メーガン&ヘンリー王子のアフリカ訪問でのスピーチ&ファッションに対する世間のご意見

自分が1番目立ちたい! メーガンがタブーを犯し、親友ミーシャ・ヌヌーの結婚式に黒のドレスで出席

キャサリン妃の新ヘアスタイル & シャーロット王女ご入学は、学費が年間250万円のトーマス・バタシー校

メーガン、来週にチャリティイベントにて公務復帰も、狙いは自身の洋服ブランドの宣伝か?

メーガン&ハリー、風当たりの強い英国を離れ、メーガンの故郷ロサンジェルス移住計画に、英国民は大賛成?!

さようならメーガン。 ウイリアム王子とキャサリン妃、自身のチャリティ団体からヘンリー王子とメーガンを削除!


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加