海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

セレーナ・ゴメス(27)が、新しいタトゥーをひっさげてご登場 


先週日曜日のLA。

『アメリカン・ミュージック・アワード』に出席したセレーナ・ゴメス。


賞の前のインスタグラムにて、左足の太ももの付け根辺りに入れた

新しいタトゥーを披露いたしました。

やや大きめに入っているタトゥーは、

両手を合わせた拝み(祈りを捧げている)のデザインでございます。

photo

あら?

どこかで見覚えがあるタトゥー…

元彼のジャスティン・ビーバーの左足首にも、こんなん入っていますな…

まあこの合掌のタトゥー自体、そんなに珍しいものではありませんけれども…


でも敢えて、10年近く交際→破局→復縁→以下ループを繰り返してきた元彼と

よく似たタトゥーなんて、普通入れたいと思いませんよねぇ…

しかも同じ左脚に…

未練タラタラでもない限り、そんなことしないと思うなぁ普通は…

photo

自分を忘れ、若いおなご(←ヘイリー・ボールドウィン)と

とっとと結婚してしまったジャスティン・ビーバーに対する、メッセージですかね?

「私を忘れないで…。

私はあなたのこと、まだ好きだから…

ずっと好きだから…

ほら、あなたとお揃いのタトゥーも入れたわ…

私こんなにあなたのこと愛しているのよ…

誰かに盗られるくらいなら、あなたを殺していいですか…」(←天城越えかい)

って?こわっ! 


そんなこんなの本日のスラング英語は someone's lobster。

ロブスター、めちゃくちゃウマいですよね(←大の海老好き)


んがスラングで、誰々のロブスターと言った場合、誰々の運命の人という意味でございます。


嘘か真か分かりませぬが、ロブスターのつがいは一生添い遂げると言われておりますよね。

そこからきて、ロブスターは一生を添い遂げる人、運命の相手、ソウルメイト、という意味でございます。


セレーナ・ゴメスもきっとジャスティン・ビーバーのことを

He's my lobster なんて思っているかも知れませんよ…

だから、こえーって!



爆笑!セレブの悪口ツイートを本人たちが読み上げる大人気の『ミーン・ツイート』傑作20選!

友達以上、恋人未満? セレーナ・ゴメス、1Dナイル・ホーランのLAの自宅へ食材を持って訪れる画像あり

元気に復活! セレーナ・ゴメス、白のハイウエストのビキニ(デカパン)で親友の婚約をメキシコにてお祝い

頑張れ!セレーナ・ゴメス、精神科施設退院後のぽっちゃり姿は、薬の副作用によるむくみか


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加