海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

サセックス公爵夫妻こと、英ヘンリー王子と嫁メーガン・マークルが、称号の剥奪危機をひっさげてご登場 


なんでも今週の木曜日(昨日ですな。記事は予約投稿なので時差がありましてサーセン)、ブライトンの市議会にて

プリンス・ハリーとメーガンに与えられている

「サセックス」(公爵&公爵夫人)というタイトル(称号)を

使えなくさせる協議が行われる予定であることが発表されました。


ちなみにブライトンは、イーストサセックス郡に属する都市でございます。


なんでもメーガンとハリーが「サセックス」の称号を使っていることに対し、

「倫理的に間違っている」、「モラルに反する」、「サセックスに対する侮辱だ」として、

3,800名以上からの署名が集まっているそうです 


うわー、本当に人気がない!

まあ確かにメーガンとハリーがサセックスを訪れたのは、わずか1回。

2人が「サセックス公爵&公爵夫人」と呼ばれることで、

サセックス郡がエリートによる弾圧の象徴になっていることに対する不満が、

市民たちの間で募っていることが原因でございます。


メーガン&ハリー、ピーンチ?


2018年にブライトンを訪れた際の写真 

photo

と言っても、サセックス公爵と公爵夫人の称号を剥奪できるのは、

2人に称号を与えたエリザベス女王のみ。


よってもし市議会でこの提案が通った場合、

サセックスの市議文書の中でのみ、サセックス公爵&公爵夫人ではなく、

ハリー(ヘンリー)・ウィンザー&レイチェル・メーガン・マークルと称されることになるそうな。


要はさほど影響はないことになります 

でも、こういう小さいとこから攻めていくことで、

国民の税金を使いまくっている2人に

「女王は許しても、国民は許さないんだぞ」

ということを知らしめることになるので、提案が通ることを祈りましょう。


そんな本日の英単語は strip の使い方。

ストリップと聞いて、キレイなオネーチャンたちが服を脱ぎ、

クネクネとなまめかしいダンスで魅了してくれるのを真っ先に思いついた方は、エロです。


ストリップは何かを剥奪したり剥がす時にも使えまして、

今回のようにタイトル剥奪の動詞としても使えます。

他に日常的に使うシーンとしては、ベッドのシーツなどを剥がす時にも strip が使えます。



セキュリティ強化? メーガン&ヘンリー王子、フロッグモアコテージに3枚目のフェンス増設に、税金の無駄遣いの声多数

メーガン・マークルのゲイの甥っ子トーマス・ドゥーリ―、覚せい剤中毒で裸で徘徊中に逮捕の衝撃写真

オレ流を貫く! 英ヘンリー王子とメーガン、王室の掟を破りクリスマスは女王よりもドリアさんを優先!

また休暇ですかい!メーガンとヘンリー王子、長男アーチーを連れアメリカ旅行計画。6週間の長期休暇に英国民はうんざり

実際のところどうなのよ? メーガン・マークル、タトラー誌の投票で支持率55%を獲得も、英国民の反応がウケる件

逆効果? メーガン、ドキュメンタリー番組で苦悩を明かし、ヘンリー王子はウィリアム王子との亀裂を告白も、さらにバッシングを受ける理由


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加