海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

シャロン・オズボーン(67)が4回目のフェイスリフトを振り返りながらご登場 


オジー・オズボーンの嫁で、TV番組の司会やタレントとして活躍しているシャロン・オズボーン。


顔をいじくりまくっているのはもちろんのこと、

腹部の脂肪切除手術や、豊胸の後の乳房縮小手術、

さらにはアソコ(性器)の美容整形と、

全身に美容整形手術をしていることを認めているタレントでもあります。


左から大昔、2010年、そして先週のシャロン・オズボーン。
photo

そして先日、夏に4回目となるフェイスリフトをしたことを明かし、

「痛くないって言う人がいるけど、それは嘘よ。痛いわよ」

と、フェイスリフトの苦労を明かしておりました。


そりゃ痛いに決まってますよね。

たるんだ顔面にメスやら糸を入れて、引っ張り上げるわけですから、

むちゃくちゃ痛いに決まってます 


しかも1回やればずっと若さを保てるというものでもなく、

また加齢や重力でたるんでくるわけなので、メンテが必要です。

まあシャロン・オズボーンのように、4回もフェイスリフトをするのは

さすがにやり過ぎだと思いますが…。


ちなみに前回のフェイスリフトは2016年。

今回は、「年を取ると唇が下に下がって、鼻の下が伸びるのよ」だそうで、

鼻の下を縮めるために、フェイスリフトしたそうです。


ほほう…

今から鼻の下、何センチか測っておこう 

アサガオの成長期のように、鼻の下の成長も記録に残しておこっと ( ..)φメモメモ

photo

でもさすがにシャロンはお金持ちだけあって、

相当腕の良い整形外科医にかかっているのか、失敗もなくキレイですよね。

やり過ぎていないというか、不自然に顔が変形していないので、

めっちゃ名医ですな、シャロン・オズボーンの整形外科医…


そんな本日のスラング英語は nip and tuck。

nip は切る、tuck は押し込むという意味がありますが

nip and tuck で美容整形という意味もあります 



いろいろ閲覧注意…。ケイティ・プライス、フェイスリフト美容整形と豊胸手術の経過写真&17歳の息子に裸でキス…

ちょw 顔どうされました? ヒラリー夫人、美容整形手術は成功か失敗か…

「私はコレで68キロ痩せました」体重135kgの女性が痩せてフィットネス・インフルエンサーになった秘訣


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加